スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースより 

久々ニュースネタイキましょう!

世間では、「よかった!よかった!」ってことでしょうが…素朴な疑問がありまして…


兵庫県の六甲山で行方不明になり、約3週間ぶりに山中で発見された西宮市職員打越三敬さん(35)=西宮市上之町=が、家族に「焼き肉のたれと水で生き延びた」と話していることが11日分かった。

西宮市によると、打越さんは10月7日、六甲山頂で同僚ら15人とバーベキュー。終了後「1人で歩いて下りる」と同僚に告げて別れた。下山ルートを探して歩いていたところ、足を滑らせ斜面に転落、骨盤を骨折し動けなくなった。

打越さんはその場で救助を待ちながら、かばんに残っていた焼き肉のたれとペットボトルの水を飲んで過ごした。転落時、たれは瓶に半分ほど残っていたという。

その後意識を失ったが、10月31日、登山客が発見。現在は神戸市の病院で療養している。

[引用]
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=home&NWID=2006121101000400


たしかに奇跡的な生還で何よりなんですが…

ひとつひっかかるんですよ…

この打越さんの徒歩での下山理由が、ケーブルカー(ロープウェイ?)の切符を紛失し、手持ちのお金もないから歩いて下山したとのこと…

まず自分の周りなら有り得ませんね…


10人以上でバーベキューしてて、誰一人切符代くらい貸してやれる人がいなかったのか!?


ってことです。

いくら六甲山とはいえど、切符代が1万も2万もする訳ないだろうし、歩いて下山するメンバーが複数いるならまだしも、一人で下りるというのに誰も手を差し伸べなかったのかと…

いやぁ…ホントのトコどうなんでしょう…こんなこと気になるのは自分だけでしょうか…?^^;


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daimon072.blog41.fc2.com/tb.php/195-b932914b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。