スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物愛護とは… 

ニュースネタいきます^^

ルーマニアで日本人男性が路上で野良犬に噛まれて死亡した、っていう話。

たかが野良犬とはいうものの、噛まれた傷が静脈に達してたのが致命傷だったとか…何ともいたたまれない事件です。

もっともブカレストでは、1980年代に進められた都市化政策の影響などで野良犬が10万匹にも上っているらしく、市民にかみつくなど社会問題化しているそうな…

じゃあ、その野良犬たちを捕獲するなどの安全対策を講じましょう!という動きになるんでしょうが、動物愛護活動家らの反対もあり、抜本的対策が実現していないのが現状であるとの事…

話はここまでにしときますがね…

そこで気になるのが動物愛護活動家ってヤツなんですよ…

この場合の反対って、

「単に野良犬を捕獲、もしくは処分したとしても、野良犬自体には罪は無いではないか!可哀想なことをするな!」

って言い分でしょうが、活動家って目先のことにしか目を向けられないんでしょうか…?

実際に市民が命を落とす被害に会ってるんですよ!!

それに仮に動物愛護活動家なんていう立派な肩書きを持つ人間なら、グダグダ講釈タレる前に、野良犬繁殖問題を世間に認識させ、ペットを飼うにあたっての心構えなどを全国にて講演活動するとか、本当の動物愛護活動に励んでもらいたいんですよ…

そりゃ、中にはきちんと活動してらっしゃる活動家、ならびに愛護団体の方が多いと思います。

しかし、こういう問題の本質を見抜けないただのアゴだけの人間はホントに目を覚ましてほしいです。

じゃないと問題に対して真剣に取り組まれてる方々が浮かばれませんよね…


クリックよろしくです^^
    ↓
http://blogranking.fc2.com/in.php?id=6309

http://blog.with2.net/link.php?206835

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://daimon072.blog41.fc2.com/tb.php/84-7d4d9426

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。